Welcome

インフォメーション

2021-06-08 07:07:00

世界海洋デーは、公式には2009年に始まる毎年6月8日をその日とする国際連合が唱導する国際デーの日です。このコンセプトは1992年6月8日にカナダがブラジルリオデジャネイロの地球サミットで提案したもので、世界海洋デー(World Ocean Day)として非公式に祝ってきたものでした。

最初の世界海洋デーにあたり国際連合事務総長は次のメッセージを発信しました。

『初めて世界海洋デーの行事を執り行うことは、海洋が社会に与える多くの方法を強調させるものです。地球の気候を調整し、不可欠なエコシステムを供給し、持続可能な暮らしと安全なレクリエーションができるようにする海洋の許容量を維持するために直面する相当量の挑戦を認める機会でもあります。

確かに人類の活動は、世界の海洋と海大して恐ろしい料金を取っています。珊瑚同様に傷付き易い海洋エコシステムと重要な漁業は、過開発や違法、報告されなかったり調整されていない漁業や破壊的な漁業活動、外来種の侵攻、海洋汚染、特に陸地から流出物により被害を受けています。気候変動による海面温度の上昇や海面上昇、海洋酸性化は、海洋生命や沿岸や陸地のコミュニティー、国民経済に更なる脅威を与えています。

海洋は犯罪活動によっても冒されています。海賊行為と船に対する強盗事件は、世界の商品の90%を輸送する船乗りの生命と国際海運の安全を脅かしています。麻薬の密輸入や海上の人の移動は、いかに犯罪活動が生命や海洋の平和と安全を脅かしているかの更なる例となります。

国際連合の保護下で行われる国際的な手段数個が、こうした数多の挑戦を行っています。1982年国際連合海洋法に関する協定がこの中心にあります。この協定は海洋と海における活動全てが行わなければならない法的な枠組みを提供し、あらゆる段階での国際協調のための基本です。国際社会が参加する目的に加え、世界はこの協定を実行し海と海洋に関する法の支配を支持しなければなりません。

世界海洋デーの主題「われらが海洋、われらが責任」は、海の環境を守り海洋資源を注意深く管理する個人と団体の責任を強調しています。安全で健康的で生産的な海と海洋は、人類の幸福と経済的な安全、持続可能な開発に不可欠です。』

世界海洋デーは毎年世界の海洋を誇りとし、水族館やペットにできる海洋生物自身同様に魚介類のような海洋製品を提供できることを祝う機会であり、その固有の価値に感謝する機会でもあります。海洋は国際貿易の海上交通輸送路でもあります。地球規模の汚染や魚の過剰消費は、主要な種の激減をもたらしています。

ウィキペディアより


2021-06-05 07:55:00

今日は、(一社)リアル・コンサベーションの設立記念日です。

設立して、早2年間が経過しました。

最初の年は、設立したばかりで、慌ただしく半年が過ぎた頃に、新型コロナウイルス問題が浮上し、その後、現在に至るまで終息する見込みがないまま、際だった活動も出来ず、オンラインで物事をこなして来ました。

3年目は、新たな新天地で、Think Globally, Act Locally「地球規模で考え、足元から行動せよ」という標語を実行して行こうと考えています。

3年目もよろしくお願いします。


2021-05-18 10:54:00

国会で、外来生物の防除のあり方に関する質問主意書が出されているのを知りました。

興味深い内容です。

https://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a204108.htm


2021-05-02 10:11:00

皆さま

 

羽澄理事の投稿記事を頂きましたのでお知らせします。

 

pdf 羽澄:月刊保団連2021MAY.pdf (0.47MB)


2021-04-03 16:48:00

少し情報が古くなりましたが、3月18日に日本弁護士連合会より「今後のプラスチック資源循環政策についての意見書」が出されました。

こちらに掲載されています=>「今後のプラスチック資源循環政策についての意見書」


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...