インフォメーション

2020-10-04 12:16:00

みなさま

"菅首相に日本学術会議会員任命拒否の撤回を求めます!"
というオンライン署名が届きました。
私はすでに署名しました。
詳細は以下のページを開いてください。

http://chng.it/vjCwZCR5ZR 

******

その後、様々な動きが出てきました。

 

【関連リンク

第25期新規会員任命に関する要望書(日本学術会議)

 

法政大学総長メッセージ「日本学術会議会員任命拒否に関して」

 

日本学術会議への政治介入に関わる教育史学会理事会声明

 

第25期日本学術会議新規会員任命拒否に対する声明(日本社会学会)

 

日本学術会議会員推薦者の任命拒否に関する抗議声明(日本映像学会)

 

日本学術会議会員候補の任命拒否に対する声明(社会政策学会幹事会)

 

日本学術会議会員候補の任命拒否に対する抗議声明を発表しました。(社会事業史学会)

 

政府の日本学術会議会員任命拒否に断固抗議する緊急声明(歴史学研究会委員会)

 

「日本学術会議の新会員推薦6名の内閣総理大臣による否認」に関する会長声明文(日本社会福祉学会)

 

【事務局長談話】学問の自由を侵害する日本学術会議への政府の介入に強く抗議する(日本科学者会議)

 

日本学術会議会員任命拒否に関する声明(日本パグウォッシュ会議)

 

日本環境会議(JEC)理事会声明

 

日本環境教育学会会長声明(2020年10月)

 

(注)この他にも非常に多くの団体が声を上げています。フォローできなくなりましたので、ここまでとします。

 

その他、学会等より

 日本環境教育学会では、以下のような会長声明を発表されています。

 学術会議会員の任命拒否に断固抗議します
 この度の日本学術会議の会員改選において推薦された候補者のうち6名を、菅首相が任命拒否したことは学術会議法によって保障された学術会議の独立性を損なうものであり、学問の自由を脅かす重大な政治介入です。
 「学者の国会」とも表現される日本学術会議の会員の任命において、政府の意向に沿わない研究者を合理的な理由を明示することなく排除することは、専門家の立場から政府の政策や方針に異議を唱え、見直しを求める機能を著しく損なうものです。
 こうした政治介入は、環境や開発、エネルギー政策などで持続可能な社会を実現する観点から、時として政府の施策に批判的な立場をとることもありうる環境教育研究者としても看過できません。
 この6名を任命拒否した理由を速やかに説明すると共に、あらためて会員として任命することを、菅首相に強く求めます。
                        2020年10月5日
日本環境教育学会
会長 朝岡幸彦(東京農工大学教授) 前会長 諏訪哲郎(学習院大学名誉教授)
元会長 阿部治(立教大学教授)
賛同者(第1次10月5日現在)
副会長・理事 丸谷聡子(明石市市議会議員)
事務局長・理事 増田直広(都留文科大学非常勤講師)
理事 西村仁志(広島修道大学教授) 二ノ宮リムさち(東海大学准教授)
   中村和彦(東京大学助教) 元鐘彬(学習院大学非常勤講師)
   石山雄貴(鳥取大学講師)
監事 日置光久(東京大学教授) 菅山朋美(東京農工大学非常勤講師)

 

以上。